《安全》新型肺炎の監視強化続く 発症者8人、武漢便運休も要警戒

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、タイ国内での発症者数は26日時点で8人に上り、保健当局が空港での監視強化や宿泊施設への注意喚起をしている。武漢市とタイ間の直行便は、航空各社が運休しているものの、中国の他都市からの便は運航されており路…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

「SR400」生産終了へ、ヤマハ発の人気バイク(01/22)

市中感染297人、7割が疫学調査で判明(22日)(01/22)

タイ証取、上場企業向けコロナ支援策を追加(01/22)

英アストラゼネカ製ワクチン、FDAが承認(01/22)

首都の活動制限を一部緩和 ジムやマッサージ店、感染減少で(01/22)

テイクオフ:タイの国鉄フアランポー…(01/22)

市中感染125人、首都西郊で92人(21日)(01/22)

コロナ禍で20年は貧困層150万人増=世銀(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン