• 印刷する

MRT3号線、改修で乗客・収入減

フィリピンのマニラ首都圏の都市高速鉄道(MRT)3号線で、改修事業の影響により乗客数や運賃収入が減少している。運輸省によると、19年の乗客数は前年比7.1%減の9,693万人、収入は7.7%減の19億1,000万ペソ(約41億1,000万円)にとどまった。24日付ビジネスワールドが伝えた。

現在の平日1日当たりの乗客数は30万~32万人。2012年8月には62万人を超えていたため、1日当たり30万人の乗客を失ったことになる。

運輸省の担当幹部によると、乗客と運賃収入の減少は、改修で運行が一時休止になることなどで客離れが進み、バスの利用など3号線を使った通勤を避ける人が増えたことを理由に挙げている。

パサイ市タフト・アベニューとケソン市ノース・アベニュー間では、運行システムや車両の不具合、脱線事故が多発したことを受け、19年5月から改修工事を実施している。全ての駅で電気機械部品や電源システム、線路、倉庫設備、駅構内設備の修理・メンテナンス、既存のライトレール車両を総点検している。業務は住友商事と三菱重工エンジニアリング、三菱重工グループのTESフィリピンが請け負っている。

改修は21年7月までに完了の予定。運輸省とMRTは、収入よりも乗客の安全が優先として、改修への理解を求めている。これまでの改修で、19年の脱線事故は28件となり、前年の半分に減ったことも明らかにした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所にある生鮮食品市場…(03/31)

国産検査キット、週内にも承認=科技省(03/31)

新型コロナ感染者1546人に、死者は78人(03/31)

マニラ港、食品コンテナの滞留深刻化(03/31)

低所得層に食糧危機、政府の支援に遅れ(03/31)

ルソン島の特区企業、847社が事業継続(03/31)

デジタルエンタメ利用者、東南アジアで急増(03/31)

失業者40万人超に、外出制限の10日間で(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン