• 印刷する

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善

トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構、TI)は2019年版の「腐敗認識指数(CPI)」を公表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポールが最も汚職が少なかった。ベトナムなど5カ国は前年から順位が上昇した。

TIは国際機関やシンクタンクのデータを基に、世界180カ国・地域について腐敗認識度を100点満点で指数化した。数値が高くなるほど汚職が少ないと認識される。

シンガポールの指数は85で、スウェーデン、スイスと同率の世界4位だった。順位は18年から1ランク後退した。

ASEAN諸国では、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ラオス、ミャンマーで前年より順位が上昇。ベトナムは117位から96位へと大きく改善した。

一方、ブルネイ、タイ、フィリピン、カンボジアは順位を落とした。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンブルネイASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(14:07)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(13:40)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(13:40)

1日最多75人感染、計1189人(4日)(15:20)

コロナで6人目の死者、高齢男性(4日)(15:20)

新規感染65人、計1114人(3日)(15:20)

コロナで5人目の死者、高齢女性(3日)(15:20)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(15:20)

中小企業の景況感、過去最低水準に(15:20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン