• 印刷する

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善

トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構、TI)は2019年版の「腐敗認識指数(CPI)」を公表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポールが最も汚職が少なかった。ベトナムなど5カ国は前年から順位が上昇した。

TIは国際機関やシンクタンクのデータを基に、世界180カ国・地域について腐敗認識度を100点満点で指数化した。数値が高くなるほど汚職が少ないと認識される。

シンガポールの指数は85で、スウェーデン、スイスと同率の世界4位だった。順位は18年から1ランク後退した。

ASEAN諸国では、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ラオス、ミャンマーで前年より順位が上昇。ベトナムは117位から96位へと大きく改善した。

一方、ブルネイ、タイ、フィリピン、カンボジアは順位を落とした。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンブルネイASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

累計89人、新たに3人(22日、23日)(21:26)

完全外出禁止は77人(19日正午)(21:26)

通信スターハブの通期決算、4期連続の減益(21:26)

複合セムコープ、10~12月期は赤字転落(21:26)

OCBC銀の通期決算、3期連続最高益(21:28)

UOB銀の通期決算、8%増益で過去最高益(21:29)

シンガポールドル急落、2年9カ月ぶり安値(21:26)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン