• 印刷する

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善

トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構、TI)は2019年版の「腐敗認識指数(CPI)」を公表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポールが最も汚職が少なかった。ベトナムなど5カ国は前年から順位が上昇した。

TIは国際機関やシンクタンクのデータを基に、世界180カ国・地域について腐敗認識度を100点満点で指数化した。数値が高くなるほど汚職が少ないと認識される。

シンガポールの指数は85で、スウェーデン、スイスと同率の世界4位だった。順位は18年から1ランク後退した。

ASEAN諸国では、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ラオス、ミャンマーで前年より順位が上昇。ベトナムは117位から96位へと大きく改善した。

一方、ブルネイ、タイ、フィリピン、カンボジアは順位を落とした。


関連国・地域: タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンブルネイASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【識者の見方】低コストな資金調達手段 STO市場の幕開け(上)(09/25)

8月製造業生産14%上昇、4カ月ぶりプラス(09/26)

目指せ炭素サービスのハブ、政府の戦略始動(09/26)

職場の人数制限緩和、企業は気乗り薄(09/26)

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ(09/26)

航空機内装品のジャムコ、子会社を清算(09/25)

新規感染11人、計5万7665人(25日)(09/25)

新型コロナ禍、国民の4分の3が不安(09/25)

総人口569万人、17年ぶり減少 外国人が流出、経済への懸念も(09/25)

テイクオフ:新型コロナウイルスの流…(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン