20年の自動車と部品輸出額、13%増を目標

インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)は、2020年の自動車とその部品の目標輸出額を前年比12~13%増に設定した。19年実績の81億6,050万米ドル(約8,943億円)から2桁の成長を目指す。23日付インベストール・デーリーが伝えた。 ガイキンドのヨハネス・ナンゴイ会長は「…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

抗菌消臭剤の販売開始へ 高橋練染、ヒジャブ女性などに(02/28)

オリコが自動車ローン会社買収、中古車強化(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

EV以外は新首都に進入禁止へ、調整相(02/28)

ルノー、トライバーの輸入開始は3月中旬(02/28)

(表)世界の新型肺炎感染者数(27日正午)(02/28)

三菱自、エンジン部品劣化で3車種リコール(02/28)

韓国、新首都建設事業に協力を申し出(02/28)

大統領、訪米で新首都への投資呼び掛け(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン