• 印刷する

豪100社のブランド価値5%減、経済懸念で

ブランド調査のブランド・ファイナンス・オーストラリア(BFA)は22日、オーストラリア国内の100社と世界500社のブランド価値に関する分析を明らかにした。国内100社のブランド価値の総額は、今後の経済見通しに対する懸念などが反映し、前年比5%減となる1,590億豪ドル(約12兆円)に落ち込んだ。23日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビュー(AFR)が報じた。

昨年と今年にブランド価値ランキングで上位100位に入った国内企業を見ると、ブランド価値が伸びたのは26社のみで、62社でブランド価値が低下した。中でも、4大銀行のウエストパック銀とオーストラリア・ニュージーランド銀(ANZ)、ナショナル・オーストラリア銀(NAB)ではブランド価値が20%以上、落ち込んだ。今年は新たに12社が上位100位に入ったという。

BFAのクロウ社長は結果について、「経済の先行き不安や消費者の悲観を背景に、国内企業のブランド価値に下落圧力がかかっている」と述べ、国内ブランドが過去1年間にマーケティング支出を抑制していると説明。消費者マインドの悪化に加え、王立委員会の調査後に銀行が広告支出を減らしたこともあり、昨年1年間の広告市場は世界金融危機以降で最悪だったという。

ただ、同社長は「経済状況に反して、いまこの時期にマーケティング投資を増やしてブランド力を高めておけば、経済が回復したときに売り上げやブランド価値を伸ばすことが可能になる」との見方を示した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の夏、わが家はパパ…(02/21)

豪1月失業率、5.3%に悪化 年内の利下げは確実か(02/21)

大手各社が勤怠管理導入へ、過少支払い対策(02/21)

RBAが豪GDP2%に下方修正、新型肺炎で(02/21)

豪で中国製建材不足、業界損失は1日20万$(02/21)

IT企アルティウム、新型肺炎で売上打撃か(02/21)

豪車部品業界、新型肺炎拡大の影響最小限に(02/21)

新型肺炎影響なし?豪とNZ株式が最高値(02/21)

クラウンのカジノ事業、ウイルスで打撃(02/21)

ウェスファーマーズ上期増益、バニングス好調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン