10~12月のFDIは11億ドル 電力、不動産、製造がけん引

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、2019年度(19年10月~20年9月)の第1四半期(19年10~12月)における、ティラワ経済特区(SEZ)を除いた海外直接投資(FDI)認可額は、11億6,423万米ドル(約1,280億3,270万円)に達した。政府が掲げる年度全体の目標58億米ドルに…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産バガンで外国人ポルノ撮影、被害届(16:47)

総選挙年、首都に大型将軍像 地方に反発も「威光」発信(02/17)

マイテルが偽アカウントで他社攻撃、FB発表(02/17)

ヤンゴンの生活費は7千チャット以上=調査(02/17)

香港と中国の合弁会社、3発電所を緊急整備(02/17)

水産会社で5万人失業、中国への輸出停止で(02/17)

貿易会社、地場銀の海外送金規定に苦情(02/17)

気象局、ヤンゴンの空気質指数を毎日発表へ(02/17)

ミャウーの世界遺産申請、政府が提出(02/17)

「日本」テーマに、初の服飾コンテスト(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン