物流費削減に政府本腰、EU経済制裁を視野

カンボジア政府は、港湾貨物取扱料の引き下げなど、物流コストの低減化を進めている。欧州連合(EU)による経済制裁のリスクを見据えた対策の一環。プノンペン・ポスト(電子版)が20日に伝えた。 公共事業・運輸省は、既にシアヌークビル自治港(PAS)とプノンペン自治港(…

関連国・地域: カンボジア欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

南部港にコンテナターミナル建設、日本支援(02/26)

EU経済制裁、不動産市場に影響軽微の見方(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首相が内閣改造視野、工業省の改編後に実施(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

エアソウル、不振路線の3月運航を中断(02/26)

アジアの観光業、肺炎で1150億ドルの損失(02/26)

メコン川沿いで港湾開発計画、公共事業相(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン