前PPP党首に実刑判決、宗教省人事汚職

インドネシアの宗教省幹部の人事をめぐる贈収賄事件で、ジャカルタの汚職裁判所は20日、収賄罪に問われた与党連合の開発統一党(PPP)前党首、ムハンマド・ロマフルムジ被告に禁錮2年、罰金1億ルピア(約81万円)(求刑同4年、同2億5,000万ルピア)の実刑判決を言い渡し…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:平日の昼に近所の商業施…(10/01)

対コロナ、33分野の関税免除 製造業支援の追加策、年末まで(10/01)

「コロナ感染しない」2割弱=統計局調査(10/01)

西ジャワ州の社会制限、10月27日まで延長(10/01)

国会本会議、印紙税法の改正法案を可決(10/01)

メダン工業団地、廃棄物処理施設の起工式(10/01)

バリ島2本目の高速道、民間企業を誘致(10/01)

韓国から投資急増、2Qは前期の4倍(10/01)

中古車需要、年末休暇控え回復の兆し(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン