• 印刷する

フィンマ、バターンのセメント工場稼働

フィリピンの複合企業フィンマ・コーポレーションは20日、傘下のフィルセメントを通じ、中ルソン地域のバターン自由港で最新式セメント工場を稼働したと発表した。

同社は新工場について、当初生産量は年間200万トンで、同様の施設は国内初だと説明。世界でも最大規模の可能性があるとしている。設備は高度に自動化され、国内の高品質セメント需要の高まりに効率的に応じることができるという。工場内で再利用する袋の縫製作業は地元住民に任せ、生計の機会を提供する。

フィンマのラモン・デルロサリオ・ジュニア社長兼最高経営責任者(CEO)は「セメント産業に再参入し、インフラ開発で重要な役割を担う」と述べた。フィンマは2004年以降、セメント事業から撤退していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船が出航、フィリピンへ(17:05)

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午)(15:37)

AIで離職防止対策など提案 スタートアップ、日系企業に(02/28)

大統領、カラバルソンに「災害事態」宣言(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

共用通信塔の整備、計画発表が3月に(02/28)

東南アのバイク販売、5%増の1375万台(02/28)

新型コロナで企業合理化、貿産相が懸念(02/28)

配車グラブ、車両登録枠の全活用求める(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン