スバル、30年代前半に全車電動化

【共同】SUBARU(スバル)の中村知美社長は20日、東京都内で記者会見し、2030年までに世界販売台数の4割以上を電気自動車(EV)かハイブリッド車(HV)にする長期目標を発表した。30年代前半には生産・販売する全ての車に電動技術を搭載することも掲げた。目標を達成す…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/18)

月末まで入国禁止延長 変異種対策、35カ国・地域に拡大(01/18)

日系昇給率、21年は3.8% コロナ禍で鈍化=NNA調査(01/18)

【書籍ランキング】12月31日~1月6日(01/18)

越、東南アの最有望国を維持=JBIC調査(01/18)

全豪テニス移動便で感染発覚 錦織選手ら隔離、東京五輪に影響?(01/18)

制限令下で車製造可能、貿産省がリスト更新(01/18)

欧州「メルケル後」注視、秋に16年ぶり独首相交代(01/18)

無印良品が撤退へ、5月までに全店閉鎖(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン