民族大量虐殺の意図なし、独立委が最終報告書

【ヤンゴン共同】ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題で、同国政府が設置した独立調査委員会は20日、最終報告書をまとめた。ロヒンギャ武装集団との戦闘に伴い、国軍を含む治安部隊に深刻な人権侵害があったと認定する一方、ジェノサイド(民族大量虐殺)の意図は…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン