パーム原油相場、先週の下落は一時的か

パーム原油(CPO)相場が先週末に下落したものの、市場関係者は下落は一時的とみている。今年上半期(1~6月)は、生産量の減少とバイオディーゼル燃料向けの需要増加を背景に相場が反発するとの見方だ。20日付エッジが伝えた。 マレーシア証券取引所(ブルサ・マレーシア)…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務で仕事場と化し…(08/04)

隣国往来、7日隔離で二の足 マレーシア人は費用負担にも不安(08/04)

RM1=25.0円、$1=4.22RM(3日)(08/04)

パナ、マレーシアの太陽電池工場の売却中止(08/04)

地場新興企業に出資、ギフティ(08/04)

7月の製造業PMI、2カ月連続で50以上(08/04)

回復活動制限令で抱える問題、企業と対話(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン