• 印刷する

テイクオフ:1月下旬から2月上旬と…

1月下旬から2月上旬といえば冬まっただ中の地域も多いが、広州ではたしかに春の訪れが感じられる季節だ。春節(旧正月)に開かれる恒例の花市も始まった。あちらこちらに飾られた花やみかんが街を華やいだ雰囲気にし、冬の終わりが近いことを知らせてくれる。

駅や空港では帰省ラッシュが幕を開けた。中国では春節に合わせた特別ダイヤ編成を「春運」と呼ぶ。出稼ぎに来ていた人たちが故郷へ向かうこの時期、春運は沿海部から内陸部へ、南方から北方へという人の流れが中心になる。

季節の寒暖差が大きい内陸や北方は、厳しい寒さの中で年越しを迎える。広州から桃の花の一枝でも土産に持って帰れば、たいそう喜ばれるに違いない。久しぶりの家族や友人との再会に胸躍らせる乗客を満載した列車は、氷点下で待つ人たちの元へ春を運ぶ。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

入国のファストトラック導入、中越と検討へ(08/11)

テイクオフ:広州の職場近くに「ラッ…(08/11)

交通インフラをスマート化 35年までに推進、リニア整備も(08/11)

7月のCPIは2.7%上昇、食品が値上がり(08/11)

農村からの出稼ぎ者数、ほぼ前年並み回復(08/11)

鉄道の1日当たり貨車数、7月は過去最高(08/11)

生活ごみ分別、23年までに全国の地級市で(08/11)

次期米国大使、中国対抗の必要性を指摘(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン