• 印刷する

テイクオフ:1月下旬から2月上旬と…

1月下旬から2月上旬といえば冬まっただ中の地域も多いが、広州ではたしかに春の訪れが感じられる季節だ。春節(旧正月)に開かれる恒例の花市も始まった。あちらこちらに飾られた花やみかんが街を華やいだ雰囲気にし、冬の終わりが近いことを知らせてくれる。

駅や空港では帰省ラッシュが幕を開けた。中国では春節に合わせた特別ダイヤ編成を「春運」と呼ぶ。出稼ぎに来ていた人たちが故郷へ向かうこの時期、春運は沿海部から内陸部へ、南方から北方へという人の流れが中心になる。

季節の寒暖差が大きい内陸や北方は、厳しい寒さの中で年越しを迎える。広州から桃の花の一枝でも土産に持って帰れば、たいそう喜ばれるに違いない。久しぶりの家族や友人との再会に胸躍らせる乗客を満載した列車は、氷点下で待つ人たちの元へ春を運ぶ。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

中国との国境貿易が半減 新型肺炎、正常化めど立たず(02/27)

バンビエンの観光客が減少、新型肺炎で(02/27)

海外からの入国者隔離の動き 山東省各地で、日韓など対象(02/27)

【肖像】台湾初の無人縫製工場 意創坊国際の陳志軒董事長(02/27)

韓国大邱からの入国禁止 新型肺炎急増で、全土に拡大も(02/27)

肺炎拡大でスイカ輸出停滞、損失5千万ドル(02/27)

EU制裁でも中国に投資継続呼び掛け、首相(02/27)

日本との航空便停止へ、モンゴル(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン