複合ケッペル、印の廃棄物発電に技術提供

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)のケッペル・コーポレーションは20日、子会社を通じて、廃棄物を焼却して発電するウェイスト・トゥ・エナジー(WTE)技術を提供する契約をインド企業と締結したと発表した。契約額は1,200万ユーロ(約14億7,000万円)だ。 エネ…

関連国・地域: シンガポールインド欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港社など3者、洋上データセンター建設へ(16:39)

シノファーム製ワクチン、第2陣が到着(15:21)

新規感染1178人、3人の死亡確認(21日)(12:12)

テイクオフ:今年の中秋節は天気に恵…(09/22)

培養魚肉の研究・生産に着手 アバント社、23年にも商用化(09/22)

感染者出た職場の在宅勤務、22日に対策緩和(09/22)

政府の賃金助成制度、30日から9億ドル支給(09/22)

事業連盟、女性起業家向けネットワーク設立(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン