複合ケッペル、印の廃棄物発電に技術提供

シンガポール政府系コングロマリット(複合企業)のケッペル・コーポレーションは20日、子会社を通じて、廃棄物を焼却して発電するウェイスト・トゥ・エナジー(WTE)技術を提供する契約をインド企業と締結したと発表した。契約額は1,200万ユーロ(約14億7,000万円)だ。 エネ…

関連国・地域: シンガポールインド欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(28日正午) インド、日本人の到着査証発給停止(21:27)

閣僚の給与削減、肺炎最前線の公務員に賞与(19:21)

電気通信工事ミライト、地場企業を買収(18:42)

山田コンサル、地場同業と業務提携(18:39)

農産物商社オラム、19年は62%増益(18:35)

通信会社サークルズ、人員削減を進行(18:19)

【CSRの今】食品廃棄物を2年で4割削減 仏アコー、AI・再分配活用で(02/28)

累計96人、新たに3人(27日正午)(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

米商工会の7割超、新型肺炎で減収予測(02/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン