• 印刷する

バンコク中華街の複合施設、正式に開業

バンコクの中華街で開発が進められていた複合施設「アイム・チャイナタウン」が正式に開業した=タイ・バンコク(アイム・チャイナタウン・カンパニー提供)

バンコクの中華街で開発が進められていた複合施設「アイム・チャイナタウン」が正式に開業した=タイ・バンコク(アイム・チャイナタウン・カンパニー提供)

タイの首都バンコクの中華街、チャルンクルン通りに開発された複合施設「アイム・チャイナタウン」が16日、正式に開業した。首都圏鉄道「ブルーライン(MRT)」西部延伸区間(フアランポーン―ラクソン)の開通により中華街を訪れる客は増加しており、新たなランドマークとしての集客を見込む。18日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

アイム・チャイナタウンの開発投資額は30億バーツ(約109億円)以上。MRTのワットマンコン駅近くに商業施設、ホテル、低層コンドミニアム(分譲マンション)、駐車場を建設した。商業施設は4階建て。昨年11月にソフトオープンして来店者数は1日8,000~1万人となっており、正式開業により2万人以上に伸びると見込む。

商業施設の上階部分を占めるホテルは、大手デュシタニの海外事業部門デュシット・インターナショナルが「アサイ」ブランドで運営し、第2四半期(4~6月)に開業する。

8階建ての低層コンドミニアム「アイム・チャイナタウン・レジデンス」は既に完売・完工しており、順次引き渡しを実施する。


関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

テイクオフ:アイスクリームの包装を…(02/27)

タイ国境の検問所、官民が本格稼働を要請(02/27)

【循環型経済】容器改革、変わる水の売り方 オランダに見るタイの活路(中)(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

ベトナム国内の感染者、16人全員が治癒(02/27)

在タイ日系企業、7割は中国出張を禁止(02/27)

国際クール便の再開未定に、ヤマト運輸(02/27)

新型肺炎3人確認、渡航歴明かさず検査遅れ(02/27)

シボレー、定価購入の顧客に差額返還せず(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン