《安全》米の3空港で検疫強化、武漢からの乗客対象

【共同】米疾病対策センター(CDC)は18日までに、新型コロナウイルスによる肺炎が見つかった中国・武漢市から直行便や乗り継ぎ便が到着するニューヨークのケネディ国際空港、サンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港の3カ所で検疫態勢を強化すると発表した。ロイター…

関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎が海運業界にも打撃 市況悪化、コンテナ取扱量5割減(13:52)

新型肺炎の死者2663人、感染者7万7658人(12:59)

外資の台湾投資2件を承認、総額2.4億米ドル(11:50)

テイクオフ:シンガポールでの新型コ…(02/25)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

テイクオフ:「通常営業を再開します…(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

新型肺炎の先行きに不安 出張中止、車業界は調達に懸念(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン