リオ、需要増に備え中国港に拠点

英豪系資源大手リオ・ティントが、中国による鉄鉱需要増加を受けて、中国北部の河北省唐山市の沿岸にある京唐港を含む3カ所に、鉄鉱石の備蓄を保管出来る新たな拠点を設けたことが分かった。鉄鉱石の世界的な供給不足を受けて、国内資源各社が今年の見通しについて警鐘を鳴らして…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 鉄鋼・金属運輸天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの国内便…(02/27)

インフラ開発、水資源を優先 豪政府諮問機関がリスト発表(02/27)

ダイビル、オーストラリアで営業開始(02/27)

豪NZ政府、新型肺炎感染拡大で危機感(02/27)

〔ポッサムのつぶやき〕五輪選手を感染危機にさらさない=豪政府(02/27)

アパレルのジーンズウエスト、香港企が買収(02/27)

医療ヒーリアス、スイスPE企から買収提案(02/27)

競争委、今年の監視優先は通信とエネ業界(02/27)

労組MUAとAWU、独自にスト実施へ(02/27)

自動運転車が浸透しても保険は死なず=IAG(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン