カタール航空、シエムレアプ便を11月就航

中東に拠点を置くカタール航空は、今年11月からカンボジア北西部のシエムレアプとカタールの首都ドーハを結ぶ直行便を運航する。世界遺産のアンコールワット遺跡群を訪問する観光客の増加を見込んでいるという。地元各紙(電子版)が17日に伝えた。 カタール航空や空港運営会社カ…

関連国・地域: カンボジア中東
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

アクレダ銀が4月上場、全株の5%を公募(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

首都に大型病院開設へ、投資額500億円超(02/28)

シエムレアプ宿泊業に税控除、新型肺炎で(02/28)

特恵引き換えのケム・ソカ氏釈放なし=首相(02/28)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(02/28)

タイ国境の検問所、官民が本格稼働を要請(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン