反発、米中署名も上げ幅縮める=香港株式

16日の香港株式市場は反発して終了した。米中両国が第1段階の貿易協定に署名したことで、ハンセン指数は前場に大きく上げたものの、一部の主力銘柄や中国本土の金融銘柄などがさえずその後は前日終値でもみ合いとなった。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 …

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:まだまだ続きそうな新型…(08/06)

世界著名ブランドに閉店の波 コロナ直撃、高額賃料重荷に(08/06)

大湾区主要都市を鉄道で接続 全長5700キロ、域内一体化に弾み(08/06)

新規感染者85人、域内82人=累計は3754人(08/06)

PCR検査拡大、外国人家政婦など対象か(08/06)

市場の集団感染、海産物原因説を否定=識者(08/06)

コロナワクチンの治験開始へ、理工大など(08/06)

7月の香港PMI、44.5に悪化(08/06)

失業率、年内に7%超えも=OCBC予測(08/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン