サイアム商銀、ミャンマーで現法化を計画

タイのサイアム商業銀行(SCB)は、ミャンマーに置く駐在員事務所の現地法人化を計画している。ミャンマー中央銀行は、外国銀行に対する規制緩和を進めており、SCBは子会社ライセンスを取得することで事業範囲を拡大させたい考えだ。16日付バンコクポストが伝えた。 SCB…

関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:借家の1年間の契約期限…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

PM2.5問題、長期対策に課題 今年も損失210億円超、批判強まる(01/28)

【識者の見方】ベトナム企業の評価、実態以上 東南アジアのM&A事情(上)(01/28)

新型肺炎で損失1800億円、観光評議会が試算(01/28)

投資委、発電所など7件を認可(01/28)

再生エネEA、パーム油で相変化材料を生産(01/28)

タイ卸売りマクロ、ヤンゴンで3月に1号店(01/28)

グッドイヤー、豪物流にタイヤサービス提供(01/28)

グランプリ、ヤンゴンで自動車ショー開催(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン