総選挙「予備候補者」、3割が違反歴

今年4月15日の韓国総選挙に立候補する意思のある「予備候補者」のうち、3人に1人が法律違反を犯していることが分かった。韓国経済新聞が伝えた。 「予備候補者」制度は、公職選挙法に基づき、総選挙日の120日前から選挙管理委員会に候補者として登録する必要がある。昨年12月1…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:桜の開花ラッシュを迎え…(04/06)

5G開始1年、普及に課題 契約数伸び悩み、企業向けに商機(04/06)

新型コロナ感染者1万237人、死者は183人(04/06)

ソウル市、外国人向けマスク配布の受付開始(04/06)

「社会的距離」の強化、19日まで2週間延長(04/06)

3月末の外貨準備高、90億米ドル減(04/06)

マスク習慣ない欧米で激増、日韓は緩やか(04/06)

1月の平均賃金、3.8%増の409万ウォン(04/06)

新韓銀の日本法人、システム開発子会社設立(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン