• 印刷する

NH農協金融、インド与信社の株取得

NH農協金融グループは、インドのIFFCO Kisanとのジョイントベンチャーを機に、アジアでの事業領域拡大を図る(NH農協金融提供)

NH農協金融グループは、インドのIFFCO Kisanとのジョイントベンチャーを機に、アジアでの事業領域拡大を図る(NH農協金融提供)

韓国のNH農協金融持株は子会社のNH農協キャピタルを通じ、インド最大の肥料メーカーであるインド農民肥料公社(IFFCO)傘下の与信専門金融会社IFFCO Kisanの株式25%を約150億ウォン(約14億2,000万円)で取得し、同国の金融市場に進出する。韓国の金融会社がジョイントベンチャー方式でインドに進出するのは初めて。

NH農協キャピタルは今回の株式取得で、IFFCO Kisanの第2株主となる。約3万6,000の共同組合を会員に持つIFFCOの営業網を活用し、現地企業に対して農業機械の購入支援や担保融資などの事業を手掛ける計画という。成長著しいインドの農業機械市場は、年平均8%拡大している。

2021年に設立予定の農協金融の現地支店とも提携する方針。インドを足がかりに、アジアにおける事業領域を広げていく。


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 農林・水産金融

その他記事

すべての文頭を開く

韓国車の世界販売台数、6月は19.0%減(07/03)

新型コロナの感染者54人増、光州市で急増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

サムスンSDSで感染者、蚕室社屋を閉鎖(07/03)

6月消費者物価、1カ月でマイナス脱却(07/03)

韓国土地住宅公社、北部に工業団地造成へ(07/03)

21年の最低賃金、労働者側16.4%引上げ要求(07/03)

サムスン、QD有機EL設備の搬入開始(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン