• 印刷する

ICJ、仮処分について23日に発表と声明

オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)は15日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対するジェノサイド(民族大量虐殺)があったとして同国が提訴された件で、23日の現地時間午前10時から開廷し、仮処分について言い渡すとの声明を発表した。

ICJは、西アフリカのガンビアが、イスラム協力機構(OIC)の代表としてミャンマーを提訴したのを受け、2019年12月10~12日に公聴会を開催。ガンビア側は「ジェノサイドにつながる全ての行為」の停止を求める仮処分の適用を求めた。同国側から提示された仮処分案には国連と協力した調査の実施も含まれ、ミャンマーが受け入れを命じられる可能性もある。

ミャンマー側はアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が出廷。国軍によるジェノサイドの疑惑を全面否定したが、仮処分が決定すれば基本的に従う義務がある。

ロヒンギャ問題が国連の「ジェノサイド条約」に違反しているかどうかの最終判断は、数年後に下される見通しだ。


関連国・地域: ミャンマーアフリカ欧州
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コールド物流の標準化目指す 日ミャンマーの官民が情報交換(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

民族大量虐殺の意図なし、独立委が最終報告書(01/21)

最低賃金の倍増を、ヤンゴンで1万人がデモ(01/21)

国民は米国より中国との同盟望む=調査(01/21)

ムセの商用車両輸入、10~12月は7800台超(01/21)

YRTA、賃貸事業などの法人税納税の意向(01/21)

ヤンゴン水上バス、船着場建設が急務(01/21)

香港AIA、全額出資の生保事業開始で式典(01/21)

カチン独立軍、地元企業から徴税(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン