ホンダ二輪、19年は491万台 シェア7割超、主力新モデル投入

ホンダの二輪子会社アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は、2019年の販売台数(ディーラーへの出荷ベース)が491万688台だったと明らかにした。目標の数字を上回り、市場シェアも7割以上となった。ただ、今年の市場については、外的要因の動向が不透明なことから、同社幹部は慎…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

NEDOの3案件、JCMのクレジット発行(20:37)

マイクロソフト、データ施設に10億ドルか(20:39)

過積載トラック禁止、鉄鋼など5品目は延期(21:04)

首都とジャワ島西端、鉄道で2時間に(20:39)

国営建設WIKA、上水事業への参入検討(20:39)

テイクオフ:「ついでにチャージしま…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の新車販売台数は11%減 4年ぶり減少、今年は5%増目標(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

新首都に最大4兆円投資か、孫会長提案(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン