燃料電池トラックを共同研究、ホンダといすゞ

【共同】ホンダといすゞ自動車は15日、水素で走る燃料電池車(FCV)の大型トラックを共同研究する2年間の契約を結んだと発表した。ホンダの燃料電池システムを搭載した試作車を造りデータを得る。ホンダは将来的に燃料電池を社外へ販売することも検討する。 大型トラックは長…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:女性の切ない歌声で目を…(01/22)

日本の輸入車から放射線、原発事故影響とロ税関(01/22)

セブの経済区で退去問題 空港拡張など影響、懸念強まる(01/22)

プロドゥアが設備投資86%増 販売目標は前年並みの24万台(01/22)

新駐日ミャンマー大使、東京で投資呼び掛け(01/22)

ヤマハ発、ベンチャー出資で「協働ロボ」参入(01/22)

20年日系昇給率は6.6%予測 19年実績より低下=NNA調査(01/22)

「中国生産にまだ優位性」、新金宝董事長(01/22)

竹中工務店、チャンギ空港拡張工事受注(01/22)

「6G」通信へ総合戦略、総務省が夏にも策定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン