設備投資が7年ぶり高水準 経済低迷下、化学・電子けん引

シンガポール経済開発庁(EDB)が16日発表した2019年の企業による固定資産投資(FAI、設備投資に相当)の表明額は、前年比39%増の152億Sドル(約1兆2,420億円)だった。過去最高の12年以来7年ぶりの高水準となった。米中貿易摩擦による経済低迷で不透明感が広がる中、中…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールには2つの…(01/21)

【識者の見方】新車販売頼みからの脱却が鍵 東南アジア、移動手段多様化で(01/21)

ブランド品売買SOU、3カ国に拠点(01/21)

郵船ロジ、航空宇宙産業向け品質規格を取得(01/21)

全日空がアジア強化、シンガポール航空と連携(01/21)

農作物商社オラム、2部門に分割(01/21)

複合ケッペル、印の廃棄物発電に技術提供(01/21)

複合セムコープ、中国での廃水不法投棄で罰金(01/21)

野党書記長、次期総選挙で国民の不満くみ上げ(01/21)

【新時代のリーダー】日系企業の給与はなぜ低いのか(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン