• 印刷する

テイクオフ:ここでもその話をするの…

ここでもその話をするのか、という感が否めなかった。タール火山の噴火による被害が大きいバタンガス州を視察したドゥテルテ大統領。被災者への支援に言及した後、麻薬戦争の持論を展開した。

「バタンガスには違法薬物がはびこっている。(薬物を売って)金持ちになりたいやからが多い」。大統領は語気を強めながら、「現政権下では、このような活動は決して許されない」と断じた。現政権が支持を集める要素に麻薬戦争があるだけに、災害の場でもアピールしたかったのだろうか。

マニラ首都圏ではマスクが品薄になっている。「いつ入荷するかは分かりません」。薬局の店員に聞くと、こう返ってきた。避難所はというと、無料で支給されているようで、少しほっとする。ドゥテルテ大統領が優先するのは、被災者支援か、麻薬戦争か。少なくとも、今だけは前者であってほしい。(内)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

新型コロナ感染者2633人に、死者は107人(04/03)

仮設の隔離施設、12日までに3カ所完成(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

マカティ市の病院が遠隔診療、ペイマヤと提携(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン