19年貿易収支、32億ドル赤字 2年連続、今年は改善の兆しも

インドネシアの中央統計局が15日に発表した貿易統計によると、2019年通年の貿易収支は31億9,690万米ドル(約3,512億円)の赤字となった。輸入の減少を背景に、前年の86億米ドルから赤字幅が縮小した。専門家は政府が推進した輸入規制や、昨年4月の大統領選挙前後の内需低迷で輸入…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

27兆ルピアの政府開発案件、スクークで調達(14:56)

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(09:50)

預金保証金利を引き下げ、ルピア建て6%に(18:07)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:電動自転車に乗ってフー…(01/27)

ブチルゴムを1.5倍に増産へ ソフトプレン、新工場を開所(01/27)

国内航空会社の武漢便を全便運休に=運輸省(01/27)

19年の二輪車販売台数は1.6%増、産業省(01/27)

スズキ、インド生産の完成車輸入が大幅減少(01/27)

古河電工、洪水被災工場が操業を再開(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン