【お知らせ】本日、日本時間19:00~20:00にシステムメンテナンスを実施いたします。
メンテナンス中、一時的にウェブサイトを利用できない場合があります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
  • 印刷する

テイクオフ:「香港の抗議デモはいつ…

「香港の抗議デモはいつまで続くんだ」。年末年始に帰国した際、複数の知人からこんな質問を受けた。過激な抗議活動が減ってきたとはいえ、心配されていることを痛感するとともに、北京にいた5年前を思い出した。

重度の大気汚染で冬は街が真っ白なスモッグに覆われることが多かったかつての北京。この時の北京の状況も日本で盛んに報じられ、北京は空気が汚いというイメージが日本でもすっかり定着していた。その一方で強風でスモッグが吹き飛ばされた後などは真っ青な空が広がる日があったのも事実。こうしたことを日本の友人に話すと意外そうに聞いていたのを覚えている。

今の香港の状況も似ていて、抗議デモのない場所には普段通りの生活がある。イメージと現実のギャップを埋めていくことが、香港が再び活気を取り戻すためにはまず必要なのではないか。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

仮想銀行、2人に1人が利用意向=VISA(01/24)

反落、新型肺炎拡大に警戒感=香港株式(01/24)

バーバリー、香港店舗の閉鎖計画なし(01/24)

日式食べ放題の大喜屋、上場ヒアリング通過(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン