• 印刷する

東急ハンズ直営6号店、中央部で今春開業

東急ハンズのシンガポール6号店が入居する商業施設のイメージ図(同社提供)

東急ハンズのシンガポール6号店が入居する商業施設のイメージ図(同社提供)

東急ハンズ(東京都新宿区)は14日、シンガポール中央部で同国6店目の直営店を開業すると発表した。2~4月のオープンを予定している。

店舗は中央部の複合商業施設グレート・ワールド(旧グレート・ワールド・シティー)の2階に設置する予定。店舗面積は524平方メートルで、既存店舗と同程度の水準だ。

住宅地密着型の商業施設であることに加え、2021年に開業予定の都市高速鉄道(MRT)トムソンイーストコースト線(TEL)のグレート・ワールド駅に直結していることから、利便性が高いとみて出店を決めた。

東急ハンズの広報・CSR推進室の森玲美氏はNNAの取材に対し、「取扱商品や品目数は未定だが、文房具やコスメなど既存店舗でニーズの高いメード・イン・ジャパン商品を提供してく予定だ」と説明した。

今後も国内で適切な物件があれば出店を拡大するが、具体的な計画はまだない。周辺国への進出も視野に入れているが、現在はシンガポールでの認知度向上に努めている段階という。

東急ハンズは、14年に西部ジュロンの商業施設ウエストゲートにシンガポール1号店を出店。その後、繁華街オーチャードの商業施設オーチャード・セントラル、中心部の複合施設サンテック・シティー・モール、東部の大型複合施設ジュエル・チャンギ・エアポート、東部の複合施設パヤレバ・クオーターに相次いで直営店を開業していた。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

自転車シェア免許、今年の申請受付開始(01/17)

温暖化防止の「建設宣言」、アジア初署名(01/17)

設備投資が7年ぶり高水準 経済低迷下、化学・電子けん引(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

人材派遣コプロ、海外初拠点(01/17)

NEW ART、東南ア初拠点(01/17)

会計監査人と不動産鑑定士、基準強化へ(01/17)

調停サービス依頼で新サイト、地場協会(01/17)

政府6機関、クレーン車安全強化の指針策定へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン