量販店エース、新規出店15カ所を計画

インドネシアのホームセンター大手、米系エース・ハードウエア・インドネシアは、今年は15店舗を新規出店する計画だ。設備投資予算として2,500億ルピア(約20億円)を用意している。14日付インベストール・デーリーが伝えた。 資金はすべて内部留保で賄う。昨年は23店舗を新…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ついでにチャージしま…(01/20)

ビンファスト、受注1.7万台 「初年シェア5%」に疑問の声(01/20)

19年の新車販売台数は11%減 4年ぶり減少、今年は5%増目標(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

新首都に最大4兆円投資か、孫会長提案(01/20)

19年の自動車輸入、前年比69%増(01/20)

政府系ファンドで200億ドル調達へ=大統領(01/20)

商銀の貸し付け成長率、昨年は6.1%に減速(01/20)

国営電力、52発電所で軽油からLNGに転換(01/20)

たばこ大手、新空港建設4月着工22年供用へ(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン