豪政府、CO2削減で100件超の新技術検討

オーストラリアのモリソン政権は、二酸化炭素(CO2)排出量の削減のため、100件以上の新技術の導入を検討する方針だ。10年以内に再生可能エネルギーの供給量を2倍に増やすとともに、排出量の多い産業の近代化を目指している。14日付オーストラリアンが伝えた。 テイラー・エネ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本で取得していた免許…(01/22)

豪準備銀は炭鉱買収必要に? BISが気候変動対策で警告(01/22)

〔オセアニアン事件簿〕キャンベラで巨大ひょう、NSWは砂嵐も(01/22)

山火事でシドニー空港利用者減、日本人も敬遠(01/22)

山火事とブラックフライデー、豪小売に影響(01/22)

〔オセアニアン事件簿〕新ウイルス感染男性、ブリスベンで確認か(01/22)

豪小売企の閉鎖増加、不動産業界に影響も(01/22)

豪富裕1%の資産、下位50%全体の2倍以上(01/22)

オージーが顔認識アプリ開発、FBIも使用(01/22)

民間医療保険NIB、利益見通し下方修正(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン