• 印刷する

《安全》武漢の肺炎、7人が回復し退院

湖北省武漢市で相次ぎ発生している原因不明のウイルス性肺炎をめぐり、市衛生健康委員会は13日夜、12日までに発症者のうち7人が退院したと発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の新たな発症者や死者は出ていない。

重症者は11日時点の7人から6人に減った。このほかの患者の症状は安定しているという。

発症者は市内の医療機関で隔離治療を受けており、発症者と密接な接触があり経過観察を続けていた763人のうち、既に76人の観察を解除した。残りの密接接触者についても発症は確認されていないとした。

武漢ではこれまでに計41人の発症が確認され、うち1人が死亡した。中国国家衛生健康委員会は発症者から検出した新型コロナウイルスの遺伝子情報を世界保健機関(WHO)に提供し、さらなる調査を進めている。


関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国GDP、19年成長率は6.1%に減速(01/17)

仁宝、年内にもグーグル向けスマホ出荷か(01/17)

新型肺炎で2人目の死者、武漢の69歳男性(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

中老鉄路の要員採用、応募者の条件を発表(01/17)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

ホテル業界、恵みの雨はまだ 春節予約率3割、値下げ合戦も(01/17)

米中が第1段階の貿易協定 中国、対米輸入2千億ドル拡大(01/17)

19年の香港旅客数、下半期に大きく失速(01/17)

トランプ氏と劉氏、米中貿易協定を高く評価(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン