• 印刷する

《安全》武漢の肺炎、7人が回復し退院

湖北省武漢市で相次ぎ発生している原因不明のウイルス性肺炎をめぐり、市衛生健康委員会は13日夜、12日までに発症者のうち7人が退院したと発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の新たな発症者や死者は出ていない。

重症者は11日時点の7人から6人に減った。このほかの患者の症状は安定しているという。

発症者は市内の医療機関で隔離治療を受けており、発症者と密接な接触があり経過観察を続けていた763人のうち、既に76人の観察を解除した。残りの密接接触者についても発症は確認されていないとした。

武漢ではこれまでに計41人の発症が確認され、うち1人が死亡した。中国国家衛生健康委員会は発症者から検出した新型コロナウイルスの遺伝子情報を世界保健機関(WHO)に提供し、さらなる調査を進めている。


関連国・地域: 中国-湖北
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイトダンス、アプリで反中記事を削除(08/14)

米産PPE、反補助金でも調査=商務省(08/14)

工作機械輸出、7月は4割減 不振の流れ変わらず、通年半減か(08/14)

ワクチンで中国3社と協議 東南アの製造ハブ構想も、保健省(08/14)

テイクオフ:「もう産まれる」。2年…(08/14)

中国、マカオ観光を解禁 9月にも全土から、業界に期待(08/14)

【コロナ後の新常態】オンライン教育に脚光 コロナで需要拡大、日中協業も(08/14)

鴻海、中国の生産比率70%に引き下げ(08/14)

CP、商用車マクサス販売をフォトンに統合(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン