火山噴火、避難4万人に 警戒レベル維持、インフラ寸断も

フィリピンの首都マニラ南方にあるタール火山(標高311メートル)が12日に噴火し、その後も噴煙を上げ続けている影響で、14日までに約4万人が避難を強いられた。電気や水道などのインフラは一部寸断され、農作物にも被害が出ている。ドゥテルテ大統領は現地入りし、被災住民に支援…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 農林・水産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:銀行のインターネットバ…(01/23)

大統領、また財閥批判 LRT契約再考か、事業リスクに(01/23)

噴煙活動確認されず、噴火後初か(01/23)

東京メトロ、ファーティ大に車両譲渡(01/23)

カガヤン経済区庁、金融技術の法整備呼掛け(01/23)

給油所で値上げ、物品税の徴収分(01/23)

国有地の賃貸借で不当契約、財務省が批判(01/23)

携帯乗り換え新会社、証券委が設立承認(01/23)

食品モンデリーズ、首都圏で包装リサイクル(01/23)

19年の農業生産額0.7%増、統計庁(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン