• 印刷する

テイクオフ:安らかだったはずの休日…

安らかだったはずの休日に自然の猛威が突如襲った。火山灰が降り注いだカビテ州タガイタイでは、道路や住宅の屋根が一面灰色に。噴火から2日経ってもなお、硫黄の臭いがかすかに漂っていた。

火山灰の重みからか樹木はひしゃげ、半年前の観光で見た青々と茂る高原は見る影もない。その代わり、屋根の灰を落としたり、べったりと汚れが積もる車を洗車したり、生活の立て直しに追われる住民たちの姿があちこちで見られた。観光地に立ち並ぶ果物店では、パイナップルやポメロを水洗いしながら営業を続ける人々も。屈託ない笑顔に見えたが、生活再建へはきっと多くの困難が待ち受けていることだろう。

タガイタイはマニラ首都圏からの日帰り観光コースとして人気。2018年には日帰り客だけで約422万人が訪れた。一日も早く通常の生活が戻り、観光地として活況を取り戻すことを願うばかりだ。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

火山活動の小康状態続く、航空便は全て再開(01/18)

経済特区で生産活動再開、噴火の影響限定的(01/17)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/17)

火山の噴火、小康状態に 避難住民は増加、なお楽観できず(01/17)

発電所が一部停止、噴火の被災地域(01/17)

タイヤの米グッドイヤー、IT拠点を増強(01/17)

電子製品サーテック、情報開示違反で罰金(01/17)

Ubicom、連結子会社から配当金(01/17)

最低賃金手取額の上昇率、54カ国中で20位(01/17)

マニラ近郊に新空港次々、既存施設もう限界(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン