佳兆業集団、35億ドルで屯門の宅地を落札

香港政府地政総署は13日、新界・屯門の青山湾に位置する住宅用地について、中国本土で事業展開する不動産開発大手、佳兆業集団控股の子会社が35億HKドル(約495億7,600万円)で落札したと発表した。 土地面積は1万3,538平方メートルで、延べ床面積ベースで最大5万4,152平方メー…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

香港政府、湖北省居住者の入境を禁止(11:39)

【NNA景気指数】ベトナム 2020年第1四半期予測(01/27)

香港政府、新型肺炎の警戒レベルを最高に(01/27)

【NNA景気指数】タイ 2020年第1四半期予測(01/27)

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

香港系高層コンド、首都で第2期開発を始動(01/24)

日系企業の4Q業績悪化進む、見通しは横ばい(01/24)

新型肺炎への対応など紹介、領事館職員(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン