中国海警局が初寄港、南シナ海問題「触れず」

【マニラ共同】中国海警局の艦船が13日、フィリピンの首都マニラに入港した。17日まで滞在し、フィリピン沿岸警備隊と高官会談や海難救助訓練を実施、スポーツの交流も予定している。マニラの中国大使館によると、海警局艦船のフィリピン寄港は初めて。 両国は南シナ海で領有権を…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

主要都市の外出制限延長、12月15日まで(11/29)

新型コロナ、新たに665人感染(11/29)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

製菓マンチーズ、フィリピン企業の傘下に(11/30)

亜通利、比の発電所工事など来年契約へ(11/30)

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン