18基のダム建設、中期開発計画の優先事業に

インドネシア政府は、2020~24年の中期開発計画(RPJMN)の優先事業に18カ所の多目的ダム建設事業を盛り込んだ。総事業費は142兆7,000億ルピア(約1兆1,400万円)。67%に当たる96兆ルピアを民間企業の投資で賄う。13日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 そのほかの内訳は…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

二輪車の電子取り締まり、2月から試験運用(14:05)

テイクオフ:当地で歌手やタレントと…(01/23)

19年はエクスパンダーが首位 生産台数、トヨタのアバンザ抜く(01/23)

<資料>2019年の車種別生産台数(01/23)

ホンダ二輪、19年の完成車輸出は66%増(01/23)

ガルーダ航空が取締役刷新、現政権で4回目(01/23)

パティンバン港運営権、来月初旬に入札公告(01/23)

国営建設、バリ空港LRT事業で韓国と協力(01/23)

オムニバス法3法案、国会の優先審議法案に(01/23)

建材ノダ、インドネシアの同業IFIに出資(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン