• 印刷する

生産年齢人口の割合72%、過去最低に

韓国行政安全省によると、2019年末時点の韓国の生産年齢人口(満15~64歳)は3,735万6,074人で前年比19万967人減少した。全人口に占める割合は過去最低の72.0%だった。

全体の住民登録人口は0.05%増の5,184万9,861人で、前年比の増加率は過去最低となった。少子高齢化により40代以下の全ての年齢層で人口が減少した一方、50代以上は増加した。中でも満14歳以下の人口が統計開始以来で最低となる646万6,872人となった半面、満65歳以上の人口は37万6,507人増の802万6,915人と、初めて800万人を突破した。

平均年齢は42.6歳で、08年の37歳から年々伸びている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米アカデミー賞で4冠と…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

まだ続く日本製品の不買運動 消費財輸入3割減、品目も多様化(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

新型肺炎新たに1人、感染者31人に(02/19)

ムーディーズ、20年成長率1.9%に下方修正(02/19)

韓国政府、素材・部品・設備の開発加速へ(02/19)

サムスンのQD技術、英社が特許侵害で提訴(02/19)

韓国日産で希望退職者募集、販売急減受け(02/19)

韓国の日本製品輸入36%減、1月(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン