• 印刷する

テイクオフ:香港で教壇に立つ台湾人…

香港で教壇に立つ台湾人の先生。時々授業を受けているのだが、先日授業が終わった後、「これから投票に行くため台湾に向かう」とスーツケースを持って教室を飛び出した。

先生はよく「台湾は若い人の投票率が低い」と嘆いていた。しかし香港在住の台湾人学生に言わせれば、台湾の選挙は香港にいながら投票することができないため簡単ではないとのこと。先生は台湾に帰るのが難しい若者の相談にも乗っていた。「若者の投票率が低いのはどこも同じですよ」と声をかけたところ、持っている権利を行使せず自暴自棄になるのが一番よくない、選挙権を持つ重要性をよく考えるべきだと指摘された。

今回の台湾総統選の投票率は12年ぶりの高水準となった。選挙の重要性が、各地の若者のなかで見直され始めているのかもしれない。(保)


関連国・地域: 香港台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テレワーク、対話に配慮を 遠隔の課題克服へ、専門家に聞く(09/29)

キャセイCEO、過剰人件費「最大の課題」(09/29)

賃金補助なければ廃業の波、延長求める声(09/29)

新規感染者10人、域内例3人=計5075人(09/29)

反発、HSBCが大幅上昇=香港株式(09/29)

天星銀行、年内に中小企業向け融資開始(09/29)

金融業の雇用創出計画、30日から申請受付へ(09/29)

静かな国慶節連休に、コロナで本土客なく(09/29)

週末住宅取引、新築は過去3カ月で最多(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン