火山周辺に工業団地集中、企業は対応苦慮

フィリピンの首都マニラ南郊にあるタール火山が12日午後に噴火した影響で、周辺に製造拠点を構える日系企業は13日、対応に追われた。多くの企業が工場の稼働を一時停止したほか、物流や電力供給の寸断などを懸念する声も挙がっている。 タール火山から北東に約25キロメートルの…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ご近所さんたちの会話が…(04/07)

日系企業、通常操業1%切る 昇給率も見直し、新型コロナ影響(04/07)

横井定、マスク200万枚増産を計画(04/07)

新型コロナ感染者3660人に、死者は163人(04/07)

仮設の大型隔離施設3カ所、週内に運用開始(04/07)

経済開発庁、「新常態」に備え政策立案へ(04/07)

中小零細企業の99%、新型コロナで打撃(04/07)

住宅・商業施設の賃料30日猶予、貿産省(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン