19年車販売は13%減の382万台 景気低迷で、乗用車は最大の下げ幅

インドの2019年の国内新車販売台数(乗用車と商用車の合計、出荷ベース)は、前年比13.3%減の381万6,811台だった。国内経済が減速する中、金融機関の貸し渋りや、排ガス規制対応による車両価格の上昇が、企業や消費者の購買意欲に影響した。セグメント別では乗用車が12.7%減と過…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国際線運航停止、10月末まで延長=航空当局(01:53)

テイクオフ:北部のパンジャブ州やハ…(10/01)

廃車政策、買い替え促進に期待 25年には2千万台が廃棄の見通し(10/01)

MGモーター、生産増強に100億ルピー(10/01)

仏PSA、修理部品ブランドの販売開始(10/01)

ロボット掃除機のスイス社、インドで製造合弁(10/01)

港湾アダニ、西部港で貨物列車に利用料導入(10/01)

ルフトハンザ、20日まで全インド便を運休(10/01)

9月の電力需要は3%増、経済に復調の兆し(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン