• 印刷する

米開発金融トップと会談、投資の意思確認

会談後に記者団の質問に答えるルフット調整相(左)とベーラーCEO(海事・投資調整省)

会談後に記者団の質問に答えるルフット調整相(左)とベーラーCEO(海事・投資調整省)

インドネシアのルフット調整相(海事・投資担当)は10日、米国際開発金融公社(USIDFC)のアダム・ベーラー最高経営責任者(CEO)と会談し、同国がインドネシア国内のインフラなどへの開発案件に投資する意向であることを明らかにした。

ルフット調整相によると、米国には既にインドネシア国内の高速道路開発、観光開発、政府系投資基金の設立などの投資案件を提示している。ルフット調整相は「米国はインドネシア投資に意欲を示しており、ジャワ島やスマトラ島などでの高速道路案件への参画が見込まれる」と話した。

ベーラーCEOは「多くの投資案件は数十億米ドル規模のものになる。インドネシアとの関係を深化するために実行したいし、日本やオーストラリアなどの企業とパートナーを組むことも視野に入れる」と述べ、日本やオーストラリアと共同投資する可能性があると話した。数カ月以内にインドネシア政府と詳細について話し合うという。

ジャカルタ・ポストによると、同相との会談に先立ち、ジョコ・ウィドド大統領もベーラーCEOと会談。大統領は「米国から50億米ドル(約5,500億円)規模の投資を受けられると期待している」と述べた。

■日本にナトゥナ海投資呼びかけ

ルフット調整相は同日、茂木敏充外相とも会談し、リアウ諸島州の南北ナトゥナ海域での投資について話し合った。

まずは漁業やダイビングスポットの開発などで南ナトゥナ海への投資を進め、その後北ナトゥナ海でも投資を呼び込んでいく考え。ベーラーCEOによると米国も関心を示しているという。

ルフット調整相は「ナトゥナ海の領海問題について、一切交渉する余地はない」と断固とした姿勢をあらためて表明した。


関連国・地域: インドネシア日本米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

テイクオフ:「スヌーピーで言うと首…(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

【この人に聞く】民間向け太陽光発電を本格化 トリニタン、工場やEV、農業も(02/25)

過積載トラックの全面禁止、23年に延期(02/25)

電器製品業界、中国から部品調達が遅滞(02/25)

バンドン高速鉄道、肺炎影響に異なる見解(02/25)

5月に石炭輸出激減も、国内海運の利用義務(02/25)

通信アクシアタ、66億リンギの設備投資計画(02/25)

首都のオフィス需要、19年は前年比24%増(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン