• 印刷する

NZ航空、無料ワイファイ利用者100万人に

ニュージーランド(NZ)航空はこのほど、国際線の乗客向けの無料WiFi(ワイファイ)の利用者が延べ100万人に達したことを明らかにした。同社は2017年10月に国際線で有料のワイファイサービスを開始。18年12月から無料にしている。NZ航空はほかに、食用カップの導入など機内サービスの革新を進めている。scoop.co.nzが伝えた。

無料ワイファイは現在、23機に導入。主に、オーストラリア線や太平洋島しょ路線、米国路線、英国路線に使用されている。残りの国際線についても年内に導入する予定だ。

NZ航空はまた、ごみを減らすため、食べることができるバニラ味のコーヒーカップを試験的に導入している。

カップはNZ企業のトワイス(Twice)が開発したもので、小麦粉や砂糖、卵などの通常の食材を使用して製造。コーヒーなどの熱い飲み物を注いでも溶けることがなく、飲み干した後に食べることができる。デザートボウルとしても使用可能。食べられるカップに対する顧客の評判は上々という。

NZ航空は毎年、800万杯以上のコーヒーを顧客に提供している。


関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 食品・飲料運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、514人に(09/30)

テイクオフ:新型コロナの流行による…(10/01)

豪政府、北部開発を加速へ 50億豪$の低利融資迅速化(10/01)

豪政府、地方部の経済復興に1億$以上拠出(10/01)

日本政府、豪NZの渡航中止勧告引き下げへ(10/01)

VIC州、企業と協力で労働者検査実施へ(10/01)

豪企業、評価損巨額の320億$も業績は楽観(10/01)

フレイザーズ、在宅推進も巨大オフィス開発(10/01)

豪8月建設認可が1.6%減少、NZは安定(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン