• 印刷する

教育・文化省、映画振興で米配信大手と提携

インドネシアの映画産業振興で提携したナディム教育・文化相(左)とネットフリックス・アジアパシフィックのクエック社長=9日(教育・文化省提供)

インドネシアの映画産業振興で提携したナディム教育・文化相(左)とネットフリックス・アジアパシフィックのクエック社長=9日(教育・文化省提供)

インドネシアの教育・文化省は9日、自国の映画産業振興のため動画配信サービス・映像制作大手の米ネットフリックスと提携することで合意した。国営アンタラ通信などが伝えた。

ネットフリックスは、インドネシアの映画界に総額100万米ドル(約1億1,000万円)を投じる。1年以内に脚本家育成のワークショップ、国是「パンチャシラ(建国5原則)」をテーマにした短編映画コンテスト、オンライン配信の安全研修プログラムなどを開催し、インドネシア国内のクリエーティブ産業振興を支援する。ナディム・マカリム教育・文化相は「インドネシア人脚本家15人を選抜し、米ハリウッドで育成する計画だ」と明らかにした。

ネットフリックスのアジア太平洋法人、ネットフリックス・アジア・パシフィックのクエック・ユチュアン社長は「インドネシアには才能ある人材が数多くいる。教育・文化省との提携はインドネシアのクリエーティブ産業に大きな影響をもたらすと思う」と話した。

クエック社長によると、ネットフリックスはこれまで複数のインドネシア映画を配信した実績があるが、このほどインドネシア人のティモ・ジャヤント監督のアクションスリラー「シャドー・オブ・ナイト(邦題)」をネットフリックスのオリジナル映画として制作、配信した。

ナディム教育・文化相は「自国の文化や技術を世界に伝えるのに、映画ほどよい手段はない。多くのインドネシア映画がオンラインで配信されるよう期待している」と述べた。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

首都の社会制限は段階的緩和 6月は移行期間、出勤は8日から(06/05)

バンテン州、州内2県1市の出入りを許可制に(06/05)

労働者に住宅購入基金への加入を義務付け(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

コロナ復興予算、677兆ルピア規模(06/05)

中銀、銀行の準備預金に1.5%の利子適用(06/05)

SBI、初の当地特化合弁ファンドを設立(06/05)

電気料金を9月末まで据え置き、エネ省(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン