流通大手各社、20年の新規出店は半減

韓国のデパートと大型スーパーの2020年の新規出店見通しはわずか5店と、2019年(11店)の半数以下に落ち込む見通しだ。景気低迷もさることながら、オンラインショッピングの活性化など消費トレンドの変化が響いているとみられる。 今年中のオープンを予定しているのは◇現代プレ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染、49日ぶり50人下回る(09/29)

BTS事務所のIPO、2割が海外投資家(09/29)

韓国、洪水対策などに9千万米ドル支援へ(10/01)

車部品業界、韓国とのFTA締結に警戒感(10/01)

韓国から投資急増、2Qは前期の4倍(10/01)

8月生産者物価、6カ月連続で低下(10/01)

新型コロナの抗原キット、韓国から一部到着(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン