• 印刷する

春節の中国本土団体客、業界は9割下落予測

香港の観光業界団体、香港旅遊業議会(TIC)の黄進達(ジェーソン・ウォン)会長はこのほど、春節(旧正月、1月25日)に伴う大型連休に中国本土から香港を訪れる団体客が、前年比で9割減少するとの見通しを示した。書き入れ時の大型連休に集客できなければ、旅行や小売り業界への打撃はさらに強まりそうだ。9日付香港経済日報などが伝えた。

黄会長によると、春節連休期間のホテル宿泊料金は前年比で3割下落し、客室稼働率は5割かそれ以下に落ち込む見通し。2019年の春節に伴う大型連休時の客室稼働率は、香港と本土を結ぶ高速鉄道「広深港高鉄」と海上橋「港珠澳大橋」の開通効果で8~9割に上っていた。

今後については、「香港への旅行意欲の回復には、少なくとも半年を要する」と指摘。香港政府に観光業界へのさらなる支援策を講じるよう求めた。

小売業界でも危機感が強まっている。業界団体、香港小売管理協会(HKRMA)の謝邱安儀(アニー・ヤウ・ツェ)会長は「昨年10~11月に小売企業170社超に実施した調査では、4割余りが店舗の閉鎖を検討していることが分かった。業界の低迷がこれ以上続けば、向こう半年で5,000人規模のリストラ実施もあり得る」と話した。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 小売り・卸売り観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テレワーク、対話に配慮を 遠隔の課題克服へ、専門家に聞く(09/29)

キャセイCEO、過剰人件費「最大の課題」(09/29)

賃金補助なければ廃業の波、延長求める声(09/29)

新規感染者10人、域内例3人=計5075人(09/29)

反発、HSBCが大幅上昇=香港株式(09/29)

天星銀行、年内に中小企業向け融資開始(09/29)

金融業の雇用創出計画、30日から申請受付へ(09/29)

静かな国慶節連休に、コロナで本土客なく(09/29)

週末住宅取引、新築は過去3カ月で最多(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン