《安全》入国時の検査強化、武漢の肺炎受け

マレーシア保健省は6日、中国・湖北省武漢市で昨年末から原因不明のウイルス性肺炎が発生していることを受け、入国ポイントでの感染防止対策を強化したと明らかにした。 保健省は、国境や空港などの入国ポイントで旅行者が発熱していないかどうかのスクリーニングを強化する一方…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:クアラルンプールのイン…(04/19)

新型コロナ第4波の到来懸念 州をまたぐ移動制限解除は困難に(04/19)

新規感染2195人、4日連続2千人超(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

3月も新車販売が好調、前年同月の約3倍に(04/19)

プロトンのSUV「X50」、予約4万台に(04/19)

RM1=26.4円、$1=4.13RM(16日)(04/19)

3月の国内空港利用者数、82%減の58万人(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン