• 印刷する

低所得者向け補助金の支給、20日から開始

マレーシアのリム・グアンエン財務相は6日、今年の低所得者向け補助金制度「BSH2020」の第1弾として、20日から1世帯当たり300リンギ(約7,930円)の給付を開始すると発表した。対象者は約380万世帯で、支給総額は約10億リンギとなる見込みだ。7日付エッジなどが伝えた。

リム財相によると、昨年のBSH2019のデータベースを精査した後、第1弾の給付を開始する。原則として銀行口座に送金し、銀行と取引関係を持たない地方の受給者らには来月1日から現金を支給すると説明した。

BSHの適用を希望しながら、今回の支給対象から外れた場合は、同日から3月15日の間に支給を申請することが可能。適用が認められた場合は、第2弾以降に補助金が支給される。障害者(OKU)と20年度国家予算で支給対象になる40歳以上の単身者には、一時金が第2弾で支給される予定だ。

BSHは、米インターネット検索大手グーグルが先月に発表したグーグル・マレーシアの検索急上昇ワードで3位に付けるなど、国民の関心は高い。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏のアストラワクチン接種、来月3日まで(13:24)

テイクオフ:今月21日は中秋節だっ…(09/28)

第12次マレーシア計画発表 25年の高所得国入り目指す(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

新規感染1.1万人、ス州が千人未満に(09/28)

ブースター接種、来月にサラワク州で開始(09/28)

RM1=26.5円、$1=RM4.19(27日)(09/28)

マレーシアとの電子決済連携、来年にも開始(09/28)

ペトロナス、年内にジョ州の精製施設再稼働(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン