• 印刷する

テイクオフ:シンガポール航空(SI…

シンガポール航空(SIA)が今月2日、成田―シンガポール便で超大型旅客機の最新鋭機エアバスA380―800Rを投入した。座席数は471席と、以前と比較して25%増加したという。

同機のスイートクラスやビジネスクラスでは、2席をつなげてベッドのように利用できるシートが導入されている。同社提供のイメージ写真を確認したところ、まるで「空飛ぶホテル」のようだった。これなら空の上でもぐっすり眠ることができそうだ。

SIAと言えば、サービスの良さや清潔度などから、世界的に評価を受けている航空会社だ。2018年には英社の世界航空会社ランキングで首位を獲得している。今回の新機材投入で、今後はさらに評価が上がるかもしれない。自身はいつも格安航空会社(LCC)に頼りがちだが、マイルを貯めていつか少しぜいたくをしてみたいと夢見ている。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シンガポールドル急落、2年9カ月ぶり安値(17:35)

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/21)

OCBC銀の通期決算、3年連続最高益(02/21)

複合セムコープ、10~12月期は赤字転落(02/21)

UOB銀の通期決算、8%増益で過去最高益(02/21)

通信スターハブの通期決算、4期連続の減益(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン